09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪性リンパ腫まとめ

6月3日に、3週間前の検査結果が分かります。

こんにちわ、nieです。
新しく『リンパ腫(濾胞性)』というカテゴリを
作りました。
ちなみに(濾胞性)は(ろほうせい)と読むそうです。

参加しています(^^ゞ
人気ブログランキング人気ブログランキング
気が向いたらポチっとな★


がんが分かる前から今までの変遷をまとめておこうと
思います(^^ゞ

2013年
  2月下旬 頭頂部左側にデキモノ発見

  3月中旬 皮膚科医院を受診するが、何なのか不明
         大学病院に紹介してもらう

  3月下旬 大学病院皮膚科受診
         生検のためデキモノの一部を採取

  4月下旬 悪性リンパ腫(濾胞性リンパ腫)告知

  5月上旬 PET/CT受診
   数日後 大学病院皮膚科から血液内科に紹介
         血液内科にてステージングのため骨髄穿刺

  6月3日 骨髄穿刺の結果(予定)


……と、まぁ…こんな感じです(^^ゞ

濾胞性リンパ腫は、もう過去に何度も書いてきましたが、
年単位で進行するゆるやかながんであるけれど
悪性度が低いゆえに抗がん剤が効かなく、
完治しないタイプのがんです。

完治はしないけれど、寛解の可能性はある血液のがん。

知った時の心境は複雑でした。

切り取って治るわけでもなく、
頭部のデキモノは放射線療法だと禿げてしまうと言われ、
それどころか、腋下あたりにも兆候が見られると告げられ。

「がん」という言葉から終末期も考えましたが、
そこに至るまでがものすごく長そうな気配……。

寛解と再燃を繰り返すと言われたとき、
一生の付き合いになるんだろうな、と腹を括りました。


ですが、まぁ…。
今のところ、何も治療をしてません。
随分のんびりしてます(^^;

今後、何か分かったり治療が始まったりした際には
この『リンパ腫(濾胞性)』のカテゴリで
お話していきたいと思います。
スポンサーサイト

theme :
genre : 心と身体

ナンチャンさんへ

ナンチャンさん、こんばんわ(^^)
いつもコメントありがとうございます(^^ゞ

No title

nieさん おはようございます。
良いお薬が発明され、完治されることを期待します。
ナン
Secret

自己紹介

nie

Author:nie
(読み方・にえ)
濾胞性リンパ腫と双極性障害Ⅱ型、肝機能障害を治療中。







mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

category

new comment

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。