08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣教師と爾枝(nie)

天使がおる!と、本気で思った。

こんにちわ、nieです。
某キリスト教系宗教の宣教師さんと出会った瞬間、
割と本気でそう思いました。

参加しています(^^ゞ
人気ブログランキング人気ブログランキング
気が向いたらポチっとな★


宣教師さんは青い目をした女性の方。
ハーマイオニーちゃんを少しふっくらさせた感じの
超キュートな雰囲気。

そんなかわいい方が、カタコトの日本語で
神の教えを一生懸命話すのですよ。

これを天使と言わずして、何と言おうか。



大学生の頃、専門が西洋哲学史だったこともあってか、
教官たちはもっぱらクリスチャンばかりという環境。

自分自身はどちらかというと仏教徒だと思っていたし、
(但し無宗教に近いくらい)
それを変えるつもりもない学生生活を過ごしていました。

ところが、ある教官の講義で、
「キリスト教の教えに共感できるか」という話になった時のこと。

指名された先輩が、
「自分は仏教を信仰しているから理解できない」と答えたところ、
教官が「それじゃ、般若心経の解説をしてください」と、
新たなお題を提示。

その先輩は、答えることができませんでした。

すると、教官は般若心経の全部をザカザカザカと板書し、
全部を口頭で解説。

それから、
「信仰することと、共感したり理解することは、別物です」
と教えてくださいました。


話を天使宣教師さんに戻します。

彼女の信じる神とその教義について理解こそすれ、
私の向かいたい方向とのズレを感じずにはいられませんでした。

どんなに宣教師さんに惚れようが、
自分の軸は歪められないというか。

ぶっちゃけ、その宗教は同性愛を禁止しているのですが、
私自身はバイセクシャルでして(^^;
その点はこちらも譲る気はありません。
だってそれは、私の本質の一部であるのですから。


天使のような宣教師さんは毎週のように
うちまで通ってくれましたが、
先日、転勤のため遠くに行ってしまいました。

「もう会うことはないだろうなぁ」と思うと残念な気もします。
でも、根本的な部分で相まみえなかったので、
初めから縁がなかったとしか言いようがないと感じています。

……いや、出会って言葉を交わしたんだから、
やはり何かしらの縁だったのかもしれませんが。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 心と身体

Secret

自己紹介

nie

Author:nie
(読み方・にえ)
濾胞性リンパ腫と双極性障害Ⅱ型、肝機能障害を治療中。







mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

category

new comment

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。