04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考になるかどうか分かりませんが・2

昨日の記事の続き…に、一応なるのかな?

こんばんわ、nieです。
今回は具体的にどんな症状があったのか、
を書こうかと思います。

参加しています(^^ゞ
人気ブログランキング人気ブログランキング
気が向いたらポチっとな★


一番最初に出たのが、睡眠障害でした。

入眠困難(寝付けない)と、
早朝覚醒(4~5時頃に目が覚める)が
2ヶ月くらい続きました。



1.寝付けない

2.やっと眠れてもすぐに目が覚める

3.睡眠導入剤を処方されても、寝付けない

4.睡眠薬と睡眠導入剤を処方・服用

5.眠っているようだけれど、起きてもスッキリしない



そんな状態と同時進行で、「理由のない涙」。

ちょっとしたことで感情がゆさぶられ、
音楽もテレビも、聴いたり観たりできなくなり、
本を読んでも全く内容が頭に入ってこなくなりました。


今でも大好きでよく観ている『ニコニコ動画』ですが、
その頃は料理動画だけを、コメントとBGMを消して見ていました。

(今ではネタ動画やらゲーム実況、音楽など、
いろいろ楽しんでおります(^^ゞ)


そうこうしているうちに、
朝目が覚めても布団から出られなくなりました。

意識はあるのだけれど、心身共に動くことを断固拒否!
といった感じ。


その頃を振り返ってみると、
誰かに優しい言葉をかけてもらっても、
全然受け取ることができませんでした。

自己評価が極端に下がっており、
「私なんて生きているだけでお荷物」だと、
本気で思っていました。

そこから、希死念慮へ意識はスライド。


食欲も極端に落ちていきました。


うつになる前の数ヶ月間、ダイエットで痩せていっておりました。


ダイエットをしている時は気力も充実していて、食欲もある。
だけど、その食欲を他のことで気を紛らわせ、
体重が落ちたり、着ていた服がブカブカになっていくのを
嬉しく思っておりました。


うつになってからの体重減少は、その真逆。
食欲がない・自分自身の外見や服装に興味なし。

当然、痩せても嬉しさなんてありませんでした。



そこで抗うつ剤やマイナートランキライザー(精神安定剤)登場。

機械的に食べられるようになりました。

ただ…味覚や嗜好が変わってしまい、
避け続けてきた甘いものや、苦手だったポテトチップス
ばかり食べていました。

(もしかしたら、本能的にカロリーを積極的に摂取しようとしていたのかも?)


無気力状態が続いていたので、運動どころか
起き上がることすら億劫でした。


結果、体重が一気に40キロ増加です。

ダイエット前と比較しても、20キロ増えています。
体が重いったらありゃしない(-"-;;;



でも……心が閉ざされたまま痩せていくよりも、
美味しいものを美味しいと感じたり、
楽しいことを楽しいと、悲しいことや怒りも感じながら
ぷにぷに生きている方が、ずっと楽しい。


今の自分に満足しているわけではありませんが、
『不完全な自分も私の姿。
困ることもあるけど、まぁいっか~♪』
といった感じ。
←今ココ
スポンサーサイト

theme : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
genre : 心と身体

Secret

自己紹介

nie

Author:nie
(読み方・にえ)
濾胞性リンパ腫と双極性障害Ⅱ型、肝機能障害を治療中。







mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

category

new comment

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。