09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無心――対話

今日も一日、食材と戯れていました。

こんばんわ、nieです。
昨日、祖父母に会いに行った際、
伯母からたくさん野菜をいただいてきましたv

参加しています(^^ゞ
人気ブログランキング人気ブログランキング
いつもクリックありがとうございます(*^^*)


おかずを何品か作って、ジップロックにつめて、冷凍して。

これでしばらくは食いっぱぐれることはありません(^^ゞ



しかし。
夕飯を食べ終えてから急に、
パンを作りたくなってしまいまして(^^;


昨日、米粉パンを作りましたが、
実は小麦粉のパンすら作ったことがありません(^^;;;


キッチンを見れば、
米粉と一緒に買ってきたドライイーストと、強力粉。


そりゃあもう、作ってみるしかないでしょう!

……というわけで、作ってみましたv








子供の頃から、なぜか『粉』という粉に触ることを嫌った私。

砂場遊びもあまり好きではありませんでした。



大人になってもそれはあまり変わらず、
わりと最近まで、片栗粉を素手で触ることに、
鳥肌が立つほど嫌悪感を抱いたりするほど。


しかし、自炊で料理をしていくうちに粉類嫌悪症(ってあるのか?)は収まり、
5年前には絶対できなかったであろう
「塩ひとつまみ」
ができるほどにまで克服!!(感涙)



そして、昨日・今日のパン作りに至ります。



粉類や材料を計ってから生地をこね続けること、数十分。

それは、私にとって不思議な時間でした。


ボソボソだった粉が次第にベチャベチャになり、
さらにはネットリと指に絡みつく感覚へと変わり、
あんなに軽やかに舞っていた姿が不思議なほどにまで
私の手に重くしがみつき、けれどもなすがままに表情を変え続ける生地。


見えない何かと、とりとめのない対話をしながら、
それが次第に具体的な形にまとまっていくような、
そんな感覚でもありました。



ドキドキしながらの一次発酵。

粉をつけた人差し指を生地に差し入れ、
成功したことが分かったときのあの喜びって、初めてです。

その生地を次行程のために取り出した時、驚きました。

―――発酵前と感触が、明らかに違う。

手にしているのはただの食物原材料の塊ではなく、
生きているんだと感じた瞬間でした。


例えるなら……

人や動物が死んだ瞬間、
それまで息吹いていた「何か」がふっつり途切れ、
その形を保っているただの物質になったような印象を、私は受けます。

それとは間逆の感覚。

はじめてのことで、本当に驚きました。


それから、ガス抜きをし、ベンチタイム。

形を作り、半分にくるみを包み込んで、二次発酵。



そして、できあがりがコチラです(*^^*)
初めて作ったパン

六分割されたうち
半分はプレーン、もう半分はくるみ入りです。


多分…大成功、のはず(^^;


時間が時間だけに、明日の朝までおあずけです(^^;;;
早く朝よこーいっ!!(笑)




しばらくパン作りにはまりそうです(^^ゞ



(余談)
材料の軽量、捏ね、発酵、焼成の全工程を、炊飯器で行いました。

炊飯器でパンを炊く日が来ようとは…(笑)。

スポンサーサイト

theme : 思った・感じたこと 直感/感性/感受性
genre : 心と身体

Secret

自己紹介

nie

Author:nie
(読み方・にえ)
濾胞性リンパ腫と双極性障害Ⅱ型、肝機能障害を治療中。







mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

category

new comment

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。