10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の在り処

子供の発言は、時にとても哲学的。

こんばんわ、nieです。
先日、姉の甥っ子(7歳)に「心って、体のどこにあるの?」ときかれ、
答えに困りました。

参加しています(^^ゞ
人気ブログランキング人気ブログランキング
いつもクリックありがとうございます(*^^*)


子供の頃の私は、心は胸にあると信じて疑っていませんでした。

嬉しいことや楽しいことがあるとワクワクするし、
悲しいことや怒られた時には、締め付けられるような感じがしたから、
それは間違いないことだと思っていたのです。



しかし、大学に入ってから、その問題に直面することになりました。


専門の講義(哲学)で、「心は自己の内のどこにあるのか」という
ディスカッションになり、
頭の中、脳にあるのではないかという話が出てきたのです。

折しも、養老猛司先生の『唯脳論』ブームの真っ只中の頃のことです。

議論の流れはもう忘れてしまいましたが、
『単に心は脳の働きの一部である』ということに、
釈然としない感情を抱いたことだけは覚えています。



あれから十数年―――

脳科学は進歩し、現在も注目を集めています。
私にとっても、興味深い分野です。


だけど、『心は脳の働き』と、
システマティックに捕らえようとすることに抵抗を感じている自分が、
今もここにいます。


うまく言葉に表せないのですが、

『心って、自分自身でさえも
何が入っているのか分からない、
しかも、どこにあるのか分からない、
パンドラの箱みたいなもの』

なのかなぁ……って、思っています。



自分のパンドラの箱は、何が飛び出してくるか分からないから、
開けるのにはとても勇気がいります。

けれど人は、他の人の箱には、興味津々。


興味本位で他人の箱を開けようとすることって、
心を踏みにじっていることと同じような気がします。

だって、嫌じゃないですか。
自分の大事にしているものや、悪い成績表を誰かに見られるのって。

それと、とても似ている。




そして………

その箱を開けるのはとても怖いけれど、
自分でも知らなかったような宝物も一緒に、
大事に大事に、安置されているような気がしてなりません。





私の『パンドラの箱』にある、宝物ですか?

うーん、何でしょうね?(^^;

まだまだ、大捜索中です(^^;;;

スポンサーサイト

theme : 心のつぶやき
genre : 心と身体

tiruruさんへ

> でも、子供に改めて聞かれるとそれでいいのか戸惑いますよね。

そうなんです。
子供は純粋だし、大人の顔色をしっかり見ているので、
答えに窮することもしばしばです。

記事の件があった時にはお茶を濁してしまったのですが、
私なりの言葉で、誠意をもって答えればよかったと、
今更ながら反省しています。

ナンちゃんさんへ

> 脳なんて夢がないですよネ~。
> 脳の命令で身体が動くのかもしれませんが、私はハートの方がいいです。

私もそう思います。
科学とロマンは違うのかなぁ…と思いつつも、
けれど今日までの科学者たちのロマンの追及の結果が
現在を作っているのだと考えると、
キモチはフクザツです(^^;

本当にどこにあるのか分からないですよね。
私も、ずっと胸かな?って思ってました。
感じると痛くなるのがその部分だから。
でも、子供に改めて聞かれるとそれでいいのか戸惑いますよね。

No title

nie さん  こんばんは。
心って どこにあるんでしょうね?
脳なんて夢がないですよネ~。
脳の命令で身体が動くのかもしれませんが、私はハートの方がいいです。
Secret

自己紹介

nie

Author:nie
(読み方・にえ)
濾胞性リンパ腫と双極性障害Ⅱ型、肝機能障害を治療中。







mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

category

new comment

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。